日本では様々な手続きに印鑑が必要

印鑑イメージ

外国の方が日本へ帰化された場合、印鑑をどうするか?というのが問題になると思います。
外国で印鑑の文化があるのは、中国、韓国、台湾などのアジア圏が主で、ほとんどがサインによって契約や取引を行う国ばかりなのだそうです。

ですので、日本で生活を行う場合は、様々な手続きに印鑑が必要になるということで、困惑される方も多いそうです。

まず、一番困るのは、外国の方の名前には、ファーストネーム、ミドルネーム、ファミリーネームの3つがあり、どの名前で印鑑を作るのかということです。

通常ミドルネームは、頭文字のアルファベットのみ記載するなどして、略されることが多いため、ミドルネームで印鑑を作るということは、まず除外してよいと思います。

しかし、ファーストネームか、ファミリーネームかということになると、ちょっと悩んでしまいます。

日本では姓、外国の方でいえばファミリーネームで印鑑を作るのが日本では一般的となるのでしょうが、外国の方にとって、ファミリーネームというのは堅苦しすぎたり、周囲からファーストネームでしか呼ばれたりすることがなく、あまり使用しないという方もおられると思います。

そうすると外国の方にとって、本人が一番使いやすい印鑑はファーストネームの印鑑ということになります。

さて、これがきちんと実印登録できるか?という問題になりますが。
このあたりの事情を考慮してか、地域によっては、ファーストネームの印鑑登録を勧めているところもあるのです。

ちなみに私の住んでいる地域では、ファーストネームの印鑑を、そのままアルファベットで彫刻したものを、実印登録するように勧めていました。

ただし、考え方はそれぞれの役所によって異なる場合もあるので、印鑑を作る前に、作ろうと思っている印鑑が実印登録できるかを、あらかじめ聞いてから作るのが一番安全かもしれません。

〔便利グッズのご紹介〕

キャップにセットするだけで連続100回程度の捺印ができるサンビー「プチコール」シリーズから小さくて持ち運びに便利なサイズの日付入り浸透印が登場!
ストラップの取り付けが可能なので、携帯や紛失防止にも役立ちます。

日付印ならハンコヤドットコムの《サンビー館》へ

印鑑の起源
http://www.checofilmfest.org/

自分の銀行印|STAMP Company
http://www.gorewonflorida.org/

助成金ナビ - 助成金を利用する際の注意点
http://www.retescat.com/

ページの先頭へ