印鑑を上手に押したい

印鑑イメージ

印鑑を押すのが上手な人って、うらやましいです。
私は、いつも印鑑を押すのが下手で、かすれてしまったり、朱肉のつきが甘かったり、逆につけすぎて文字が読めなくなったり、毎回のように捨て印を2度3度押すようになってしまいます。

上手な捺印の仕方というのを調べてみたのですが、下にマットなどを敷き、朱肉を軽く2~3度たたくようにつけ、のの字を描くように捺印するということなのですが、同じようにしても、やはりうまくいきません。

力を入れすぎなのでしょうか?。
のの字を描く時に、微妙に印影がずれてしまい、重ね押しのようになったり、滲んでしまったりするのです。
そんな、捺印ベタな私ですが、なんとこんな私でも綺麗に捺印できるかもしれないという、不思議な印鑑があるというのです。

その名も孤印。
なんでも2007年のグッドデザイン賞を受賞したという、経歴つきの印鑑です。

従来の印鑑は、印面が平面タイプになっているものが主流ですが、この孤印の特徴は、なんと印面が円弧状にカットされており、まるでローラーでペンキを塗るような感覚で、捺印することができるらしいのです。

形が特徴的な為、一定の押し方しかできず、力加減が違ったり、ぶれたりということが亡くなる為、印影がずれたりかすれたりしないのだということです。

押し方は、印面の上部分、先のとがった部分を紙につけ、ゆっくりと下方向に印鑑を倒すだけ。
なんて簡単なんでしょう。

これなら私も、捺印に失敗しないですみそうです。
こちらの商品は、某インターネット通販店のHPで販売しているようですので、興味のあるかたは是非一度検索してみてください。

ちなみに2012年の3月から出荷されるようですよ。
楽しみですね。

~ WEBウォッチ│おすすめサイト ~

<上質な質感>リアルコート表札

丸三タカギの表札をお届けする【表札館】からリアルコートシリーズをご紹介。
天然石や天然木の持つ質感を見事に再現した『リアルコート』による表面加工。
人工大理石やアルミ合金、透明アクリル板を用いた上質なイミテーションとなっており、豊富なカラーの中からお選びいただけます。

リアルコート表札の詳細はこちらから。

ページの先頭へ