印鑑の文化に思いを馳せる

印鑑イメージ

広告としてなのか、オブジェとしてなのか、単なる思い付きなのか。
巨大な○○を(○○の部分は、鍋だったり、海苔巻きだったり、いろいろあるのですが)作ろう!というイベントだったり、展示物だったり、生き物だったりをたまに見たり、聞いたりすることがあります。

私の経験で、その巨大な○○というので見たことがあるのは、巨大なたこ焼き。
こちらはよく街の屋台で売っていて、若い女の子がよく道端で食べているのを見たことがあります。

あとテレビで見たのが、巨大ウサギ。
体重22キロ、身長は130cmもあるというウサギです。

大きすぎて、もうぬいぐるみにも見えません。
かわいいですが、大型犬みたいです。

そして、最近見つけてしまったのが、巨大な印鑑です。
銀座一丁目の京橋公園にあるという、巨大印鑑は、印面が縦横40cm、長さ1m弱という印鑑で、印面には京橋公園と彫ってあります。

橋公園の関係者が、使うのでしょうか。
だとしても使途不明ですが。
巨大な印鑑といえば、印鑑の街、山梨県の六郷というところにも存在しているようです。

そちらの印鑑は、なんと印面が縦横2m、長さ3メートル、重さが3トンもあるという圧巻のしろもので、印面には不動如山と彫られているそうです。

不動如山は動かざる事、山の如しという意味だそうで、武田信玄の軍旗にも掲げられた一文だそうです。
まさに動かざる事、山の如しという印鑑ですね。

世の中には、おもしろいものが沢山あるものですね。
ちなみにこちらの場所はマンホールも印鑑のように篆書体で彫られているようで、町を歩きながら、あちこちで印鑑の文化に思いを馳せる?ことができそうです。
お近くに行かれる方は、ぜひ一度ご覧になってみてください。

~ WEBウォッチ│おすすめサイト ~

<オリジナリティ溢れる>筆文字名刺

あなたの「お名前」を創作書家が心を込めて筆文字で制作する筆文字名刺。
男性向け、女性向けはもちろん、店舗や企業向けなどプライベートやビジネスシーンでも活躍する名刺をご提供いたします。
オリジナリティ溢れる名刺はお渡しする相手様へのインパクトも期待できます。

筆文字名刺は名刺の専門店【スピード名刺館】から!

ページの先頭へ