運勢には印材との相性も関係がある

印鑑イメージ

開運印鑑、というのがあります。
私も一度、作ろうかどうしようか迷ったことがあります。

私がお願いしようと思っていたところは、印鑑や社印を作るのと同時に、姓名判断、手相や占いなどを同時にしてくれるところで、運勢の悪かった人だけ、お願いすれば開運印鑑というのを作ってもらえるというところでした。

私も運勢を見てもらったのですが、なんとその方から「作る必要なし」と言われてしまい、幸いなのか、不幸なのか、開運印鑑というのは作ってもらえずに終わってしまったのですが、そう言われると開運印鑑というものがほしくなるのが人情というものです。

しかし、開運印鑑というものもピンからキリまであり、一体何が正しいのか?よくわからない分野でもあります。
一般的に開運印鑑と呼ばれるものの特徴としては、印枠に向かって末広がりの字体であること、姓名判断で画数のよい字であること、縁起のよい印材であることというのがあるようです。

また、それに追加して、印鑑や社印に御祈祷やお祓いをしてから販売しているというところもあるそうです。
それでは開運印鑑で期待できる、運が上がるものというのは何があるのでしょうか。

よく見受けられるのは、金運、愛情運、健康、才能、希望、家庭、住まい、社交運があがるというものです。
なんでも、それぞれの運気があがる方向というのがあるそうで、運気をあげたい方向によって印面が変わるのだそうです。

またお店によって、姓名判断を基に作るのか、占いや易学を基に作るのかが変わってくるようなので、もし開運印鑑を購入したいと思っている方は、あらかじめ鑑定する方の得意ジャンルなども知っておく必要がありそうです。

また印材と自分の相性も関係してくるようです。
好きな印材があり、それで印鑑や社印を作りたいときは、そのようなところに相性を調べてもらうのもよいかもしれません。

~ WEBウォッチ│おすすめサイト ~

<重要な場面に安心の>チタン印鑑

プラチナをしのぐ強度・耐食性・耐久性をほこるチタン。
そんな宇宙工学に欠かせない先進のマテリアル超金属を印鑑に!
経年劣化も少ないので、重要な手続きにご登録いただく実印・銀行印はもちろん、スタイリッシュなデザインが男性への贈り物としても人気です。

ページの先頭へ